2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« トラの未来にご協力ください | トップページ | 「魔法使いになりたい」と申すか?の巻 »

2015.10.19

道半ばにて

アニキの「覚悟の決断」に、\(^o^)/なさくらです。

新監督の誕生に、トラキチたちの間ではいろいろな意見があるようですが、今朝のスポニチ1面に「電鉄・球団・現場の三位一体改革」とかいう見出しが躍っているのを見ると、なんか小泉改革みたいやなあとワクワクする一方で、それはそれはムチャクチャ大変な難事業であるということも痛いほど想像できるので、アニキの「やるなら人生かけてやる」という覚悟の大きさに、改めて尊敬の念が湧き起っております。応援するしかできないのですが、契約更改時に自分だけの年俸を上げるよりも球団職員の待遇改善を約束させたりしているので、ファンの期待と応援だけが頼りじゃなくて、実務的にもぜひアニキをバックアップしてあげてほしいと願います。間違っても「そんなんやるの、めんどくさいわ」などと言って、改革の足引っ張ったりしないように!!!

何か変えようとするときに、思うように進まなかったり、抵抗を受けたりして、「それでもこれをやるんだ」と貫き通すのは、本当に大変なこと。たとえ鉄人と言われるアニキであっても、行く先にはしんどいこともきっとたくさんあると思います。小泉さんは総理在任5年半で髪の毛真っ白になってしまわれ、一気に年を取られたなあ・・・と感じたものですが、「(戦国時代と違って)命まで取られるわけじゃないんだから」と言って改革を進めてきたなかで、いったいどれくらいの忍耐と葛藤があったんだろうと想像すると、あの凄まじいパワーゲームはまさに命がけであったのだと思います。かつて麻生さんが総理の座にあるということを「どす黒い孤独」と表現されてましたが、最高権力者であっても、アスリートであっても、最後は自分との戦いなのかなと思います。

政治家であろうと、スポーツ選手であろうと、みんな人間がやっていること。だからこそ、何か困難に直面したときに問われるのは、「それでも自分を貫けるか」という自分との戦いだと思います。そんな世知辛い世で生き抜くために、「強いものに迎合する」ヒラメ戦略だとか、「とりあえず相手の言うことを受け入れる」丸飲み戦略とか、政治の世界でいろいろ観察してきたことは、広く世の中においても同じなんだなあと感じますが、さくらがいまだに小泉さんを尊敬してやまないのは、最後まで自分を貫き通したあの姿が忘れられないから。あんな人、昔はいっぱいいたのかもしれないけど、もう二度と現れない気がします。

翻って転職後の世界=さくらの「あたらしい冒険の書」は、まだまだ始まったばかりで、なかなかレベルも上がらなくて、どうしても解けない謎があったりして、次のステージに進めずにいるのですが。。。今日も元気にさくら号に乗って、町の人に会い話を聞いて、なんとか攻略の糸口を見つけてきます。がんばります☆

*この方↓はお城の壁を蹴破って冒険の旅に出たアリーナ姫(最強のすばやさと攻撃力を誇る、ドラクエ4の主力メンバー!!)。これくらい攻撃力があればなあと憧れますが(笑)クリフト(回復魔法)とブライ(攻撃魔法)が付いていなければ単なる無鉄砲な武闘家で、自力だけでは戦いにならないという。いくら「さくせん:ガンガンいこうぜ」であっても、頼りになる仲間の助けは不可欠というのも人生と同じです

Photo

« トラの未来にご協力ください | トップページ | 「魔法使いになりたい」と申すか?の巻 »

思うこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2082352/62119570

この記事へのトラックバック一覧です: 道半ばにて:

« トラの未来にご協力ください | トップページ | 「魔法使いになりたい」と申すか?の巻 »