2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« Peacefully | トップページ | 戦後70年 No More Sacrifices. »

2015.08.14

有朋自遠方来 不亦楽乎

朋あり遠方より来る、また楽しからずや。

今週は東京から大切な友人が、徳島に遊びに来てくれていました!ずっと会いたかった人なので、大喜びでご案内したのですが、本当に楽しくて充実した旅でした(*´▽`*)

徳島市内はまず眉山にお連れして市内を一望し、阿波踊り前夜祭を観て鳴門の大塚美術館と渦潮を見て、祖谷でかずら橋を渡り温泉につかって、踊りにも繰り出して、そのあいだに海の幸やすだちアイスなどを楽しんでいるうちに、だんだん丸くなっていきましたが(笑)大好きで大事な友人と美味しく楽しく語り合うことが人生でいちばんの幸せというのは、先人の言う通り、いやそれ以上だと思っているさくらです☆

「市内の子」(←徳島県内で使われる、山の暮らしの大変さを分かっていないのんきさを暗に批判する呼称)であるさくらは、祖谷(いや)がいちばん楽しく衝撃的な体験でした。日本三大秘境のひとつで、平家が逃れてきて隠れ住んでいたという、びっくりするくらいの山奥なのですが、こんなところが徳島にあったとは。。。私、徳島の奥深さをなめてました。反省しています。

秘境レポはまたご紹介するとして、海あり山ありの徳島で自然にふれていると、なんてこの地球は美しいんだろうとしみじみ感動します。水平線を眺めていると、ああ地球は丸いんだなあと分かるし、鳴門の渦潮や大歩危(「おおぼけ」と読みます)の清流を見ていると、流れがぶつかって渦ができるのが面白くて、何も力を入れずに自然の流れに任せているだけでいいんだなと思ったり。眉山でも「空に近い」と喜んでいたのに、天空の祖谷では宿が標高650mくらいで、モノレールで1350mまで登って、その眺めはoverwhelmingで。まだまだ世界にはこんなに美しいところがある。そして知らないこともたくさんあり、見てないものもたくさんある。天に帰るその瞬間まで、この世でたくさん体験して、そして感動しまくっていたい。そんなふうに強く感じた旅でした。

市内は阿波踊り真っ盛りですが、こちらはさくらの車窓より:蓮の花が美しく咲いています。よく「泥の中であっても美しく咲く」たとえに用いられる蓮の花ですが、実際レンコン畑(あまりロマンティックな響きではないですが)は結構な悪臭がするので、こんなに白く美しい花が咲くのは不思議な気がします。

Lotus_flowers_2


« Peacefully | トップページ | 戦後70年 No More Sacrifices. »

コメント

My dear Ai,
Thank you for everything!

あったかい気持ちでいっぱいです。

駅に着いたら直前まで降っていた大雨が止んでいました。
家まであと30秒のところでまたパラパラと。
今回の旅はずっとそうでしたね。なんて不思議!

美しい海と澄んだ空と森があって、
食材がおいしくて、
すてきな笑顔のゆるい(笑)人たちがいっぱいの徳島。

世界の名画がいつでも見られて、もしかしたら世界の彫刻や全国の仏像だって見られる日が来るかもしれない。
我が家では老後に徳島移住の話が急浮上。

年取るの、たのしみだなあ。

いつも心にすだちくん(あいさんにそっくりな)に住んでもらって、あしたからも自分の人生をしっかり生きていきますね。

しあわせな5日間をほんとうにありがとう。

とても美しい、だけど心がもっと美しい妹さんにもよろしくお伝えくださいね。
毎日思い出してお祈りする人がひとり、ふえました。
嬉しい。

おおまり様

こちらこそ、遠路はるばる徳島へお越しくださり、本当に楽しいひとときをありがとうございました☆

妹もお会いできたこと、そしてまた移住を考えるほど徳島を気に入ってくださったことを喜んでおります^^

お天気をはじめ、たくさん見て話して感じたなかで、沢山のお恵みにあふれていることに心から感謝しています。出会えたこともお導きでしたし、魂ふれあう「朋」とは遠くに住んでいてもずっとつながっていることが本当にうれしいです。

またいつでもいらしてくださいね&9月は東京でお会いしましょう☆おおまりさんの素敵な笑顔にはかなわないですが、すだちくんのように、いつも笑顔で!!!私たちもおおまりさんの幸せをいつもお祈りしています(^人^)


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2082352/61172101

この記事へのトラックバック一覧です: 有朋自遠方来 不亦楽乎:

« Peacefully | トップページ | 戦後70年 No More Sacrifices. »